• HOME
  • 情報セキュリティ基本方針

情報セキュリティ基本方針

扶桑鋼管グループは(以下、当グループ)は、お取引先からお預かりした情報資産はじめ当グループの情報資産をあらゆる脅威から守り、お取引先ならびに社会の信頼に応えるべく以下の方針に基づき全社で情報セキュリティに取り組みます。

1. 情報セキュリティ体制構築

当グループは、経営陣を中心とした情報管理及び情報セキュリティ体制を整え情報セキュリティの維持、向上、監査改善に努める体制を構築します。

2. 情報管理規定整備

当グループは、情報資産の管理及び活用のために情報管理規定の作成、更新を行い適切な情報資産の管理に努めます。

3. 情報資産保護

当グループは、情報セキュリティに関する組織内外の状況を把握し、保有する情報資産を機密性(情報漏えい防止)、完全性(改ざん防止)、可用性(システムバックアップなどの対策)の視点から外部及び内部リスクの評価を行い、情報セキュリティ体制のもと、適切に情報資産を保護します。

4. 情報セキュリティ教育実施

当グループは、社員の情報セキュリティリテラシーの向上を図るとともに、情報資産の適切な管理を実行するための教育訓練を継続的に実施します。

5. 法令及び契約上の要求事項の遵守

当グループは、情報セキュリティに関わる法令、規制、規範、契約上の義務を遵守するとともに、お取引先の期待に応えます。

6. 違反及び事故への対応

当グループは、情報セキュリティに関わる法令違反、契約違反及び事故が発生した場合には適切に対処し、再発防止に努めます。

扶桑鋼管グループ