• HOME
  • 企業ポリシー

企業ポリシー

経営方針

  • 会社を構成するスタッフ一人ひとりの可能性を引き出し、伸ばす
  • お客様のニーズを正確に把握し、素材メーカーと密接な連携を図り、扶桑鋼管グループの
    機能をフルに活用することで最適な素材・部品を提案、供給する
  • 品質と価格のバランスを考えた製品を最短納期で提供することで、お客様のメリットを
    最大化し、社会の発展に寄与する

社会貢献活動への取り組み

社会全体や地域社会への貢献を目指し、寄付等の社会貢献活動を進めています。
また、地域の歴史や文化を尊重し、その発展や維持に貢献できるよう企業一丸となって取り組んでいます。

【寄付先】

  • 認定NPO法人 国境なき医師団(MSF)日本
  • 日本赤十字社




社内コミュニケーション

情報の共有化

本社・大阪・北陸と分かれて仕事をしていますが、常に全社で情報を共有できるように様々なシステムを導入しています。

仕事と子育ての両立支援

扶桑鋼管株式会社は、社員が仕事と子育てを両立させることができ、社員全員が働きやすい環境を作ることによって、 すべての社員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定します。
1. 計画期間 平成27年7月1日 ~ 平成32年6月30日までの5年間

2. 内容

目標1 :
産前産後休業や育児休業、育児休業給付、産休中・育休中の社会保険料免除など制度の周知や情報提供を行う。
目標2 :
育児休業等を取得しやすい環境作りのため、管理職の研修を行う。
目標3 :
子どもの出生時における育児休業の取得を促進する。
目標4 :
平成27年8月までに、子どもの出生時に父親が取得できる休暇制度や取得方法の周知を行う。