沿革

1968年07月
東京都江戸川区に資本金200万円で設立
日本の代名詞となる言葉「瑞穂、八洲、日の出、扶桑」から「扶桑」を選び社名としました。
1973年05月
江戸川区北葛西に本社並びに倉庫新築移転

土地の区画整理が盛んな時代、まだ道路と泥田だけの土地を借り本社と倉庫を移転しました。
1975年10月
住友金属工業株式会社(現:新日鐵住金株式会社)

創業から7年で住友金属工業株式会社の高炉特約店となりました。
1977年07月
浦安第二倉庫を設置

資材800トンを受け入れのため、ディズニーランドに向かう主力道路になる道沿いの土地を借りて倉庫に。
1980年05月
大阪仮営業所を設置

周囲の反対を押し切って決断した大阪進出。独自のPR方法により扶桑鋼管の社名が徐々に大阪に広まって行きました。
1980年09月
浦安第二鉄鋼団地内に倉庫用地取得

大阪への進出とほぼ時を同じくして進出した浦安。その後の会社の発展に重要な転機となりました。
1981年04月
大阪営業所を開設
浦安第二鉄鋼団地内に倉庫を新築移転
1981年10月
新日本製鐵株式会社(現:新日鐵住金株式会社)指定特約店となる
1985年12月
本社営業部門を浦安倉庫に移し、東京営業所とする
1991年04月
大阪営業所に第二倉庫開設
1995年10月
現浦安第一倉庫に本社社屋開設
1996年03月
八街(千葉県)に加工センター造成完了
2000年01月
浦安第三倉庫開設
2001年11月
浦安第二倉庫を現在地へ移設
2002年02月
東金(八街)倉庫完成

当初用地が倉庫向きではなく、取得まで労力を奪われましたが今では大きな役割を担っています。
2003年02月
大阪営業所を大正区へ移設

古くて狭い旧倉庫から移転。緻密な計画を立てて休日のみを利用した引越しは今でも語りぐさです。
2003年12月
本社社屋増設
2004年04月
YCP&JAPANを設立
2006年03月
東金倉庫にテント倉庫増設
2007年03月
ISO9001:2000を取得
本社社屋増設
2007年10月
大阪加工センター設置
2008年02月
北陸(小松市)に工場用地取得
2008年03月
ISO14001:2004取得
2008年11月
扶桑チューブパーツ株式会社を設立
2009年02月
北陸加工センター設置
2010年06月
FUSOH TUBE PARTS(THAILAND)CO.,LTD.を設立
2011年07月
本社移転
2012年04月
PT.FUSOH TUBE PARTS INDONESIAを設立
2014年04月
日之出鋼管株式会社がグループ入り
2015年05月
日之出鋼管本社を扶桑鋼管本社内に移転
2015年07月
浦安第4倉庫開設
2016年01月
北陸第二加工センター開設
2016年03月
新販売管理システム導入
2016年04月
日之出鋼管本社営業部を扶桑鋼管本社営業部に統合
2017年04月
日之出鋼管合併
2018年02月
名古屋営業所移転