ご挨拶

衣食住、人々の生活を支えるすべてのものは、何らかの形で機械というものの恩恵を受け、より安く、より品質の良いものになっています。それら機械の性能をより向上させるためには、より良い部品が必要であり、より良い部品を作るためには適性で清浄度の高い素材が必要となってくる訳であります。
私共は、機械構造用鋼管及び特殊鋼鋼管という、決して一般的とは言えない素材を通じて、社会生活の質の向上や人々の幸福に貢献するものであります。必要とされる材質の、より削り代の少ない効率的な材料を、どこよりも迅速かつ正確にお客様の手元にお届けします。また、熱処理・機械加工など、社内の充実した設備とともに、私共のグループ各社の協力のもと、あらゆるご要望・ご要求にお応えする体制を整えております。さらに、貿易部門を通じて、海外の素材・部品の調達についても対応できる体制になっております。お客様の要求をより深く理解し、また、私共をご理解いただきながら、海外をも含めた供給ソースを駆使し、どこよりも優れた素材・部品をご案内することを通して、人々の生活に貢献してゆくことを理念として成長したいと願っております。

会社概要

【商号】
扶桑鋼管株式会社
【設立】
1968(昭和43)年7月11日
【所在地】
【本社】
〒279-0011 千葉県浦安市美浜1-9-2 パシフィックマークス新浦安 2階
【大阪営業所】
〒551-0021 大阪府大阪市大正区南恩加島5丁目10番12号
【浦安第一倉庫】
〒279-0024 千葉県浦安市港43番地
【浦安第二倉庫】
〒279-0024 千葉県浦安市港8番地
【浦安第三倉庫】
〒279-0024 千葉県浦安市港44番地
【浦安第四倉庫】
〒279-0024 千葉県浦安市港17番地
【東金加工センター】
〒289-1126 千葉県八街市沖1795番地
【北陸営業所】
〒923-0342 石川県小松市矢田野町西32番2
【名古屋営業所】
〒460-0003 名古屋市中区錦2-15-22 りそな名古屋ビル5F
【資本金】
1億8000万円
【年間取扱高】
106億円(2016年度)
【従業員】
167名【扶桑グループ:273名】(2017年4月)
【業務内容】
機械構造用鋼管の卸売り及び各種加工
輸出入業務
【代表者】
代表取締役社長 江村伸一
代表取締役副社長 藤井和利
専務取締役 田子康
常務取締役 西地区総括 河島博之
取締役管理部長 初沢巧
取締役開発担当 営業第3チーム管掌 布施志郎
相談役 江村康
監査役 江村章子
【取引銀行】
三菱東京UFJ銀行 浦安駅前支店
商工中金 押上支店
三井住友銀行 西葛西支店
みずほ銀行 西葛西支店
日本政策金融公庫
【主要仕入先】
住友商事,住商鋼管
日鉄住金物産
JFE商事鋼管管材
伊藤忠丸紅鉄鋼
【主要販売先】
・コマツ ・日立オートモティブシステムズ ・新明和工業
・THK ・古河ロックドリル ・クボタ精機
【グループ企業】
扶桑チューブパーツ株式会社
FUSOH TUBE PARTS(THAILAND)CO.,LTD.
PT.FUSOH TUBE PARTS INDONESIA
YCP&JAPAN株式会社